華道家への旅路 | カリィのVOYAGE♪

華道は日本の伝統文化のひとつ。仕事にするにはどうしたらよいの?

「生花(いきはな)」と呼ばれる概念

| 0件のコメント

華道の世界には「生花(いきはな)」と呼ばれる概念が存在するのですが、どのような意味でしょうか。生け花では、美しく咲いている花を選び出して材料にします。ですから花の種類ごとに、適切な生け花の時期は異なることになります。また華道の歴史は長く、現在でも池坊、小原、草月といった流派が残存しています。細かなものも含めると、実に数千もの流派が存在するというのですから驚きです。華道のこうした側面を見ると、難しいと感じ、敬遠してしまう人もいるでしょう。しかし伝統や作法も肩肘張らずに覚えることが出来ます。何事も気を楽にして向き合うことが大切なのです。

 華道の起源を探ると、仏教上の習慣だったことが分かります。仏教には供花という習慣が存在しますから、それが華道に発展したと考えられるのです。その発展の陰には、庶民の美意識がありました。単に供えるだけでなく、日常生活の中で一輪挿しのような楽しみ方を実践しようとしたのです。その実践の集大成とも言えるのが華道で、室町時代にははっきりとした輪郭が現れるようになりました。さらに時代が進み、江戸時代になると、海外でも日本の華道が評判となりました。単なる庶民の楽しみから、芸術としてのそれと見做されるようになるまで変貌したのです。

 華道はそれ自体としても芸術ですが、他のジャンルとの関わりからも、高く評価することが出来ます。具体的には、建築や茶道と結び付くことで、大きな世界を表現することが出来るのです。例えば、華道が生まれた室町時代には、書院造りと呼ばれる空間芸術が盛んになりましたが、その様式を飾り立てるのに花が活躍しました。また、茶道で用いる茶室のアイテムとして、花は定番です。生花(しょうか)は正に茶室から生まれた華道の一種なのです。

コメントを残す

必須欄は * がついています