華道家への旅路 | カリィのVOYAGE♪

華道は日本の伝統文化のひとつ。仕事にするにはどうしたらよいの?

素材を活かす術

| 0件のコメント

様々なシーンで活躍をみせるフラワーアーティストたちの審美眼は、クオリティの高い作品を作り上げる事で、人々の心を魅了し続けているように見えるのではないでしょうか。草花を生けることは、単に草木や花々を花瓶や器にむやみに配置するものではなく、季節、植物の保存、色合い、バランスなどを総合的に判断し作品が作り上げられていると言えるでしょう。実際に皆さんが、地元や街中の生花店で、生花を購入した際に、同じ草花であるにも関わらず、○○店で購入した生花は、常に持ちが良く色形のバランスが良いなどの違いを感じることはありませんか?生花店の店主の、仕入れの目利き、水上げの下処理などの専門的な技術によって、生花の品質というものは大きく違いをみせるようです。フラワーアーティスト自身も、材料となる生花の目利きから、生花の保存管理などを行うエキスパートとしての知識や技術などを磨くことが、その腕前として評価される1つの要因ともなってくるでしょう。 また実際に、生花への専門知識とは別に、独自に空間装飾や造形表現、色彩表現など、様々ジャンルの芸術的センスを磨くフラワーアーティストらもいるようです。一般的に、フラワーアーティストは、その名をフラワーデザナー、フラワーコーディネーター、フローリスト、いけばな作品家など、様々な形式で呼ばれていますが、その仕事内容は多種多様なワークスタイルをもっていると言えるでしょう。単に切花をアレンジメントしていると表面上は見えがちではありますが、フラワーアーティストたちが生み出す作品の背景には、様々な卓越した技術や、草花に精通する豊富な知識が基づいた作品が人々を魅了しているのではないでしょうか。フラワーアーティストを考えるにあたって、リサーチすればするほど、その仕事内容の魅力が見えてくるでしょう。古来から人々が草花を愛でる所以が、様々なスタイル様式をもって現代にも息づいていると言えるでしょう。

コメントを残す

必須欄は * がついています