華道家への旅路 | カリィのVOYAGE♪

華道は日本の伝統文化のひとつ。仕事にするにはどうしたらよいの?

華道と人工物

| 0件のコメント

どれだけ現代的な作品であったとしても、華道においては基本的には作品の中で人工物よりも生花を目立たせるということは、例外的であるという風になされており、実際に、生きた花を生けることが重要であるというふうに考えられていることは、忘れてはなりません。

確かに、生きた花を生けることが難しい環境などでは、人工的に加工した花などを用いているケースもあるというふうにも聞いたことがありますが、基本的にはそのようにするのではなく常に生き生きとした自然からとった花を使うということが求められていることは言うまでもないことであるかもしれません。

基本的に華道の作品の多くには、人工物をあしらう多くの場合にはその部分をうまく隠すということが技術として求められているということもこの証拠であるでしょう。

一般的によく例にもあげられる剣山は、その代表格とも言えるようなもので、人工物を隠すために剣山の前には大きな葉っぱなどが添えられることが多いということに気づく人も多いかもしれません。

日本の伝統の華道ではとにかく天然の花を使うというふうに定められているという風に覚えておくと忘れないでいられるのではないでしょうか。

このようなイメージが先行してしまったために、華道が固いものであるとうようなイメージが先行している場合もあるように思われますが、表現をその中で広げるという制限がある中での手段というものが、芸術を進めてきたということはどの国も変わらないと言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

必須欄は * がついています