華道家への旅路 | カリィのVOYAGE♪

華道は日本の伝統文化のひとつ。仕事にするにはどうしたらよいの?

華道と国際化

| 0件のコメント

外国人観光客が華道に興味を持つケースは珍しくなく、インバウンドとの結びつきは強まる一方であるなどという風にテレビのニュースなどでも言われている通り、今や日本人よりも海外にいる日本の文化に興味がある人々の方が日本の華道に感心をもつ人が多いということは、間違いなく言えるかもしれません。

このような形で改めて日本の生花などに関する評価が上がるという可能性もあり、自分自身の国文化の良さというものを再認識する形となる可能性もあるわけです。

結局のところ、日本に何百年も根付いてきた生花や華道と呼ばれる文化が損なわれることがないように、脈々と受け継がれていくように、時代に合わせた対応力を磨いていかなければならないということは、確実に言えるかもしれませんし、十分な技術に基づいた説明さえあれば、国内外を問わず幅広い人に日本の華道が理解してもらえるのではないかと考えられるわけです。

そして今後は海外で活躍をしていく場が増えていく可能性もあるわけですから、外国語で日本の伝統を説明できるだけの英語力を身につけておくということも、忘れてはいけない点であると考えられるでしょう。

何にせよ、足元から一歩ずつ一歩ずつ文化を広めておく意識を持っておくことが重要だと言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

必須欄は * がついています