華道家への旅路 | カリィのVOYAGE♪

華道は日本の伝統文化のひとつ。仕事にするにはどうしたらよいの?

華道家の生計の立て方

華道家と呼ばれる方々は、自分自身で華道教室を開いていたり、スクールなどで講師として教えたりしている場合も多く、このような場合には生徒を抱えていることになるため、その生徒の数・所属している教室などによって、自分自身の収入が変動することになるわけです。

このような場合、毎年毎年の生徒数によっては生活が苦しくなってしまうような場合もあるというふうに考えられるため、決して油断できない生活を強いられているということは事実かもしれません。しかし、日本の伝統を守るべく日々指導をしているという姿は頭が下がる思いであるという風に言えるかもしれません。

  

教室を開くことのメリットの一つと言えば、きちんと名前を挙げることができた暁には、自分自身よりも一足先に弟子がメディア露出を達成する場合などもあり、教室の名前が売れるケースもよくあるわけです。

弟子への教育がうまくいけば行くほど、自分自身も有名になり生徒も有名になるという風に相乗的な効果が期待できるという点は間違いないというふうに考えられるのではないでしょうか。

  

いずれにしても、十分な計画がないまま華道教室を開いてしまった場合には、数年で教室を提出しなければならないという事態にもなりかねないわけですから、よく考えた上で行動するということが重要であるという風に言えなくもありません。日本の伝統的な文化を同時に学びたいと思い日本にやって来る外国人なども増えているなどインバウンドによる収入が注目されている今だからこそ、もう一度日本古来の文化について考えを改める必要があるということは言えるかもしれませんね。

当然のことながら、花が好きだからという安易な理由で華道家・フラワーアーティストを目指すだけではなく、自分自身の能力やスキルがどれくらい向上するのかということを客観的に見ながら眺めていくということが重要であるということは言うまでもないわけです。