華道家への旅路 | カリィのVOYAGE♪

華道は日本の伝統文化のひとつ。仕事にするにはどうしたらよいの?

華道家に必要なスキル

華道家を目指す人に最も必要なスキルは一体何なのでしょうか?

花が好きであるということは第1の前提条件としてあげられるかもしれませんが、それ以前に基礎を学んだうえで自分自身の感性に従ってオリジナリティあふれる生花ができる人こそ、その才能がある人であるというふうに考えられるのではないでしょうか。

十分に知識をつけた上で春と夏と秋と冬それぞれの季節に合った花を瞬時に考え出し、そこに注文者の意向も組み込みながら、上手く生花を構成していく技術は、決して1日にして完成するものではありません。

そのため花に関して理解を深めるのはもちろんのこと、どのような注文が多いのかということを数量的に分析しておくことも重要だというふうに考えられるでしょう。

つまり、一般的な職人の修行と同じように数をこなし、失敗を重ねていくことで、技術を向上していくほかないということです。

  

また、残念ながら努力ではどうしてもカバーできないような部分も重要になってきているという風に言えるでしょう。

要するに、花に関するセンスというものは努力次第で会得できるというものではなかなかなく、どのようにしてなるべく美しく飾ることができるのかという美的センスと呼ばれる部分も、重要であるということは言うまでもないかもしれません。

クリエイティビティ溢れる生け花をするためには非常にお金がかかるかもしれませんが、それでも自分自身が好きだからという理由でやることができるのが何よりの自信につながっていくと考えられるかもしれません。