華道家への旅路 | カリィのVOYAGE♪

華道は日本の伝統文化のひとつ。仕事にするにはどうしたらよいの?

華道家として食べていくには

残念ながら、世の中に存在する華道家・フラワーアーティストの大半は、自分自身の創作活動だけでは生活をすることができないのが事実で、多くの人は講師などをしながら生活をしているということが言われており、一般的にはカルチャースクールや専門学校などで毎日のように教えているというケースがあるようです。

大学での非常勤講師と同じように、比較的安定した収入を毎年得ることができるため、フラワーアーティストとして活動をする傍ら、生涯にわたって講師業を続けているという人もいるようです。

他にも、就職先として挙げられるのは、花屋などがあるようで、ややフラワーアーティストの本業からは離れてしまうような仕事に就かざるを得ないような状況もあるということを知っておく必要があると言えるでしょう。

同様のケースでブライダル業界でも生け花や花の盛り付けなどが求められるケースが多いため、このような職場では、フラワーアーティストの資格を持っている人が重宝されるというケースもあるというふうに聞いたことがあります。

残念ながら、フラワーアーティストは、クリエイティビティを高く保つ必要があるため、自分自身を意味で律するプライドを持っている人も多いことから、どうしても創作活動で食べていきたいというふうにかたくなに思っている人は少なくないというふうに考えられますが、自分自身が最低限度の生活を続けていける環境を整えない限りは、創作活動すらできる可能性は低くなってしまうわけですから、迷わずまずは生活するための手段を考える必要があるという風に言ってしまって良いのではないでしょうか。

  

しかし、これらの活動であったとしても長いスパンで見れば自分自身の創作活動の良い刺激になるという風にも考えられなくもありませんから、希望を捨てずに堅実に続けていくということがお勧めできる手段であるという風に言えなくもありません。

現在では仕事が今後もいっそう多様化していくというふうに見込まれているわけですから、現在、手に職を得ている人であったとしてもうかうかしていることはできず、多様化する顧客のニーズに応えられるように日々勉強を続けていくことが一人の職人としてアーティストとして求められているのではないでしょうか?